【公式】有限会社 旭養鶏舎 島根県大田市波根町|安心安全というたまごの基本にこだわり続けています|ネッカエッグ・島根のこめたまご・しまねのえごま玉子

有限会社旭養鶏舎

有限会社旭養鶏舎

〒699-2211 島根県大田市波根町221-1

電話:0854-85-8421

ファックス:0854-85-7054

お問い合わせはこちら
ひなの育成から、玉子を皆さまの食卓へお届けするまで
ひなの育成

①種卵採取 → ②ふ化 → ③育雛 → ④育成 →

育成農場での雛の様子
玉子の集卵

親鳥に育った鶏が美味しい玉子を産んでくれます、ヒヨコから親鶏に育つまで約5ヶ月がかかります。

⑤コンベアーを利用した自動集卵 → GPセンターへ →

集卵の様子

鶏の種類は2種類、ピンク色の玉子を産む「ハイラインソニア」と、赤玉の玉子を産む「ハイラインボリスブラウン」。飼料は鶏の月齢別に給付し、水は新鮮な地下水を組み上げ給水して育てます。水と飼料は定期的なサルモレラ検査を行います。

またワクチンの接種、野鳥の侵入防止などの対策も徹底、鶏が病気になることの無いよう、常に注意を配っています。

特に、ひなの育成の良否がその後の産卵状況を大きく左右するため、当たり前ですがひなの時から愛情を持って、慎重に育てます。

GPセンター

(グレート・パッケージセンター)

⑥洗卵・乾燥 → ⑦目視検査 → ⑧紫外線殺菌 → ⑨汚卵検出・血卵検出・ヒビ卵検出 → ⑫鶏卵計測 →

⑬賞味期限印字 → ⑭パック詰めと処理 → ⑮目視再検査 → ⑯パックシール →

⑰冷蔵室貯卵・クーラー室貯卵 → ⑱出荷

GPセンター
育成農場での雛の様子
洗卵機

洗卵機

ヒビ卵検出機

GPセンターとはグレートパッケージセンター、鶏卵の格付(選別)包装施設のことです。格付とは、3L、2L、L、M、MS、S、SSなど卵重区分で分別することを言います。

設備概要

集卵方式

洗卵機

検査機器

日付機器

インライン ケージ直立 4段〜8段

共和38,000卵 フルオート

汚卵機、検卵機、ヒビ検機

インクジェット(卵一ヶずつ)上バリ機 4台

ラベルスタンプ機 2台

配送車両

販売先

 

10台 冷蔵機付

スーパー、生活協同組合、飲食業、加工業者

JA直売所、ケーキ店  等

ヒビ卵検出機

インクジェット

販売方法

パック卵

18ケ 15ケ 12ケ 10ケ 8ケ 6ケ

4ケ 3ケ 2ケ 1ケ

トレー卵

30ケ 20ケ

DB

10k 5k 50個 30個

パック卵には 上バリ付

卵1ケずつ日付入り(インクジェット)

インクジェット

サルモネラ菌など衛生検査について

鳥インフルエンザ検査証

サルモネラ検査証

食中毒を引き起こす要因になる、サルモネラ菌に対する検査は人にとっても鶏にとっても重要です。

旭養鶏舎では、ひよこの受け入れ時から成鶏になるまで定期的にサルモネラ検査を実施しています。

水、鶏舎別のほこり、糞便検査、卵(卵殻内、卵殻外)、賞味期限設定日まで28℃で13日間保存した卵のサルモネラ菌、大腸菌、一般生菌の検査。さらに、洗卵用のブラシ、乾燥用のブラシに至るまで毎月の検査を行っております。

鶏を愛するという基本姿勢で、衛生管理を徹底的に。 お客様の信頼に安心でお応えしています。

鶏を商品として扱うのではなく、我が子のように親子のように一生懸命慈しむ思いで育てています。だから日々の健康が気になる。飼料が気になる。その思いが衛生環境の徹底した管理や品質向上への情熱になるのだと思います。

社員一同が一生懸命、鶏に感謝し、思いを一つにしてがんばっています。

竹下幸二(代表取締役常務)

Copyright© Asahi Egg Farm Co., Ltd. All Rights Reserved.

お問い合せフォーム

トップページ

お知らせ・新着情報

鶏舎・GPセンター

 − 設備・生産工程のご案内

 − 安全性・衛生管理

 − ミネラルエッグ生産組合

 

飼料へのこだわり

 − ネッカリッチ

 − ご購入・お取り扱い店

商品一覧

 − ネッカエッグ

 − えごま玉子

 − 米たまご

会社案内

 − ご挨拶

 − 会社概要・沿革・アクセス